『 それは ボク… 』          作詞・作曲 大方若郎
   それは 星の降るような 夜でした   セリフ   ”ボクは 彼女と夜道を散歩していました     二人はいつしか 公園へ来ていました    突然 彼女はブランコに乗ろうと言いました     でも ボクは心配でした もし 鎖が切れたらどうしよう…     こんどは彼女は シーソーでギッコンバッタンしようと言いました     彼女は シーソーでギッコンバッタンしながら    「二人の間に 上下の差はないのよ」と やさしくボクに 言いました     でもボクは いつまでも いつまでも 彼女の顔を見下ろしていました     大きな愛を見つめた男 … ”    それは ボク…

mp3ファイル

Copyright(C) by 福ちゃん家 ※無断転載を禁ず※