『 嫁 ぐ 娘 へ 』
作詞・作曲・編曲 大方若郎
一、家の近くの小道 紅い夕日の中で        二、いつの頃からか母と 肩を並べ歩く   小さな手と手つなぎ歩いた 幼い頃のおまえ     そんなおまえが妙に眩しく 大人びて見えた   どんな事があろうと この子だけは守る       見続けた夢と 持てないほどの希望と   それが父の一生をかけた 仕事だと思った      父や母との思い出も 忘れずにいて欲しい   悩み苦しむ時代を 負ける事なく乗り越え      不安があるかも知れないが 何も迷う事はないさ   今 まさに輝きながら 巣立ちの時をむかえた    ひたすら信じて愛すれば ただそれだけでいい   自分で決めた道を 信じた人と共に         晴の門出の朝に 涙は似合わないよ   振り返らず前見て歩け おまえの母のように…    いつも いつでも笑顔で暮らせ おまえの母のように…                            贈る言葉はないが 幸せはいつでも                            ひたすら信じて愛すれば きっとつかまえられる                            今日から歩く道は 道標べがない                            いつも二人で歩いて行け 父と母のように…                            父と母のように…


mp3ファイル

Copyright(C) by 福ちゃん家 ※無断転載を禁ず※